老後に住みたい家は

毎日自宅から1時間半かけて、満員電車で職場まで通っています。満員電車は慣れると立ったまま寝られるようになりますが、やはり結構きついです。

帰りの電車は座れるのですが、本でも読もうとカバンにはいつも一冊は入れているのですが、やはり疲れているので眠りこけてしまいます。

仕事というより通勤がきつかったので、定年後の生活はあまり移動せずに暮らしたいです。

今の自宅は閑静な住宅街で駅から徒歩6分くらい。
コンビニも内科もお蕎麦屋さんも近くにあり、何不足ないのですが、定年後は月並みかもしれませんが自然が豊かで人が少ないところで暮らしたいですね。

でも現実的には、ちゃんと病院がそばにあるかとか、年寄りでも買い物しやすいスーパーなどがあるかとか、独立した子供たちが来やすい場所かとか、そういったチェックポイントも重要になってきますね。

家は部屋数はいらないので、小さな日当たりのよい庭が欲しいです。

晴耕雨読といった生活に憧れるので、小さな畑でトマトや枝豆を作って雨の日や夜は図書館で借りた本を読む。
そんな静かな生活ができる家がいいですね。

注目度がUPしている不動産。役立つこのホームページがイチオシです