老後の家を購入

家族が増えて、大きな家を建て直したり!逆に、子供達が自立して出て行ってしまって夫婦だけになって、小さな家を買ったり。私の両親達も、家族6人で住んでいた頃は大きな家に住んでいました。姉が結婚して出て行き。兄が大学進学で出て行き、私も就職で出て行きました。そうなると親子3人で住むには大きすぎるという事で、住んでいた家を売りに出して、近所に土地を買い35坪ほどの家を建て直しました。丁度、父親が入院してしまい、母と二人でいろいろな手続きをしました。不動産に何度も足を運び、打ち合わせをして将来の事を考えバリアフリーにしようと言っていたので、その件なども伝えて段差のない家が出来上がりました。両親は家を購入するのは2度目ですが、前回の購入から随分年数が経っていたので「この書類はどうするんだったけ?」なんて感じで、不動産に電話をして記入の仕方を聞いたり、印紙を買いに行ったりと結構大変でした。住宅ローンも売れた家代の差引額でローンを組みました。余り差額が無かったので両親は良かったなんて喜んでいました。家が売れるまでは賃貸に住み、売れてから新築の話を不動産に持っていきました。準備をちゃんとしていないと後で、困りますからね。一応計画通りに事が運び今では、こじんまりした家で快適に暮らしています。

注目度がUPしている不動産。役立つこのホームページがイチオシです