実家のリフォームについて

実家のリフォームについてです。
九州の実家は新築で建てた家を5年で手放し、中古でセカンドハウスを購入しました。
今、住んで4年目になります。
100坪の広い土地に平屋の4LDK。のどかで日当たりもよく両親もとても住み心地がいいようです。
ただやはり中古というだけあり、入居前にリフォーム済ですが、まだまだリフォームしたい箇所はいくつもあります。
母は「外壁をタイルにしたい(今は塗装)」
  「もう一部屋、増築したい(自分の部屋)」
父は「瓦をかえたい」
私は「各部屋のドア枠の高さを高くしたい。」
と願っています。
ドア枠については弟のためです。
身長185cmの弟は、中古の家のドア枠の規格が古くて低いため、家中の部屋を移動するたびにヒョコヒョコと頭を低くして歩いています。
弟は障害を持っているため、これからもずっとこの家に住み、今も家で過ごす時間が長いのです。
そんな弟が住みやすくなれば…と思っています。
ですがが、ここ数年で駐車場のカーゲートや畳の部屋をフローリングにしたり、オール電化にしたりといくつもリフォームを施しているので…いつになるか。というところです。

注目度がUPしている不動産。役立つこのホームページがイチオシです